狭い部屋でも、インテリアで部屋を広く見せる事が出来ます。すしさのコツや工夫などをまとめました。

インテリアで楽しい毎日へ
インテリアで楽しい毎日へ

部屋を広く見せるインテリア術

インテリアで楽しい毎日へ
賃貸のアパートやマンションに住んでいると、間取りが狭くて、思い通りのインテリアにする事を諦めてしまっている方も多いかと思います。そんな方にも出来る部屋を広く見せるインテリア術があります。ほんの少しの工夫やアレンジによって、同じ空間でも広く見せる事が出来ますので、諦めずに試してみたいものですね。

まず部屋に入ってみた時に、視界を遮るような家具などを部屋の中心に置いたりしないことで、部屋が広く感じられるようになります。外から部屋に沢山光が入るように、窓辺には物を並べたりしないようにする事も大切です。又、床面を沢山見せるようにする事で、部屋がスッキリとして奥行きが出ます。家具も明るめの物を選んだり、壁に沿って置くのも良い方法です。出来るだけその時に、家具の高さがデコボコしないようにすると良いでしょう。

私も現在、1Rのマンションに住んでいるので部屋が狭いのですが、床が茶色のフローリングなので、その色に近いブラウンのラグを敷く事で部屋が広く感じられるようになりました。初めはパーティションで部屋を区切って使用していましたが、現在は区切るのをやめて、家具も部屋の周りの壁に沿った配置にしています。白い家具で揃えているので、圧迫感も無くなり、狭い間取りには思えないほど、広く感じるようになりました。努力と工夫で部屋の雰囲気も変わりますので、諦めずにチャレンジする事が大切だと思います。狭いと諦めてしまう前にチャレンジする事が大切ではないかと思います。

サイトリンク

Copyright (C)2017インテリアで楽しい毎日へ.All rights reserved.