賃貸アパートに引っ越した私たちの経験段です。少しずつインテリアをそろえて心地よい空間にしたいものです。

インテリアで楽しい毎日へ
インテリアで楽しい毎日へ

賃貸アパートでのインテリア

インテリアで楽しい毎日へ
4月に結婚した私なのですが、賃貸物件(3LDK)に主人が恐ろしいほどの本棚をいれることになり、インテリアに悩みました。ただ、主人はナチュラル系が好きなので、某〇印の商品が多く、とりあえず一部屋はクローゼット以外は主人が好きなように使えるようにしました。それでも、BOXが12個くらいあり、リビングにまで進出しています。引っ越す前に主人のBOXや本棚を図り、図面で配置を考えなるべくリビングは圧迫感がないように腰くらいの高さまでにし、飾り棚としても使えるようにしました。賃貸なので、壁に絵を張るときは、マスキングテープで額縁を作り張っています。

また、本棚など圧迫感があるものは、全て白っぽい布(〇トリの暖簾を利用)で隠し、友人が来た時も部屋が広い!とよく言われます。絨毯やテレビ台も高くはないですが、少しずつそろえ、そのたびに新聞紙で実際の大きさを測り圧迫感がないかどうかを試しました。また、家に緑があった方が、癒されると主人がいっていたのですが、虫や手入れの面を考えて光触媒の観葉植物を置きました。とても手入れがしやすいです。少し誇りを落とすだけでよいので。半年たって、秋も到来。もう少し温かみを感じたいと主人が言ったので、LEDのフットライトを探して、植物を照らすと、白い壁にその影が映りなんだかおしゃれになりました。ほとんどの部屋を主人好みにして、トイレだけはお花畑のようにさせてもらいました。300円均一で売っている小物を利用しました。また、友人にもらった、木製のインテリアグッズや、海外旅行のお土産のキーホルダーなども、自分で手を加えてアレンジしてインテリアにしています。

最後に、友人が私の家に来てから模様替えをしてみたいと思ってやってみたけれどうまくいかずまた中途半端になってしまったと言っていました。私が思うには、全ての部屋を統一させるのではなく、部屋ごとに少しテーマを決めて完璧さを求めないことも大事なのではないかと思います。また、高いからおしゃれではなくて自分たちが好きなものをゆっくり選ぶのも大事なのではないかと思います。後は、なるべく自分の腰より低い家具などの方が部屋を広く感じることができ、よいのではないかと思います。

サイトリンク

Copyright (C)2017インテリアで楽しい毎日へ.All rights reserved.